SLOW BURN / YAMATO HAZE

 

沖縄/那覇ストリートから全国へ浸透しているHip Hop集団「604」のメンバーであり、

日本語レゲエシーンの新鋭 ”YAMATO HAZE”より待望の1st EPが到着しました。

現在の気候、気温、空気にマッチしたチルソング全5曲。

最大の特徴である”声”と乗っかるビートが相まって最高に気分の良い作品です。

interviewもとらせてもらいましたので是非読んでみてください◎

 


 

SLOW BURN / YAMATO HAZE

https://lieon-share.com/?pid=145738000

誰もが経験した事のある最高の休日、、、その時の光景が目に浮かびました。
家で聞いた後にもう一度この盤を聴きながら最高な場所でチルしに行こう。さらにタコライスも食べよう。
そんな自然の音楽の素晴らしさ、沖縄の素晴らしさが詰まった盤です。
客演から小さな声で入っているガヤまで楽しめて、最高のセッティングに不可欠な存在になりました。ジャーです。

 

Text by HANG(604)
 


Set List
1.LIKE ASUNDAY
(Track by CHOP THE ORION)

2.LOOP(REMIX ver.) ft.DAIA,AXUMI
(Track by CAMEL BEATS)

3.SECRET
(Track by DROP DI RECORDS)

4.CALL ME UP
(Track by CAMEL BEATS)

5.アイワナゲッハイ (SLOW BURN EDDITION) ft.CHOUJI,NAGAHIDE
(Track by CHOUJI)

 


YAMATO HAZE

2009年にCamel Soundを結成。
Deejayとして数々のLIVEを重ね、2013年〜日本最重要エリア大阪へ渡り約3年間の武者修行を経て現在は沖縄に戻りReggaeのみならずHipHopの現場、制作と更に精力的に活動中。2018年要注目クルー"604"に加入。
一歩一歩着実にジャンルの垣根を越えて行くオリジナルな存在。

 

interview/YAMATO HAZE

 

■早速interview始めさせてもらいます!YAMATOの活動拠点は那覇?

そうですね、沖縄の那覇市を拠点に活動してます。

 

■所属Crew"604"も拠点は那覇だったよね?メンバーは何人くらいいるの?

那覇です、メンバーは色々と経て現在14人で落ち着いてます。

ずっと604のリーダー、マベさん(MAVEL)に誘ってもらっていたのですが、

自分達でも”CARAVAN RECORD”ってCrewを組んでいて断っていました。

そっちも続けつつで良いからと言ってもらえたのと同時に604は何かレゲエのフローを感じるというか、

絶対面白い化学反応が起きるなって思って一年前くらいに正式に604に入りました。

 

■なるほど、”CARAVAN RECORD”ってYAMATO達がやってるレーベルだったんだね、気になってました。

そうなんです、元々2009年くらいから一年間くらい”CAMEL SOUND”って名前でSOUND MANをやっていて、

そのまま同じ面子で”CARAVAN RECORD”を起ち上げた感じです。

 

■最初はSOUND MANだったんだね!CAMELって事は”CAMEL BEATS”さんも同じCrew?

そうです、小、中と一緒でCAMEL BEATSは今カルフォルニアに住んでます。

中学の時に二人とも同じバスケ部だったんですけど、顧問の先生がレゲエ好きでその先生に

FIRE BALLとか横浜レゲエ祭のDVDを借りてハマりました。

 

■面白い出会いだね、CAMEL BEATSさんは今作のEPの音もイケてたし個人的にもタイプでした。

SOUND MANからDeejayに移行した経緯をきても良いですか?

元々歌いたかったのですが、なんか恥ずかしくてSOUND MANを始めました。

でもしばらくして歌ってみたらやっぱりDeejayやりたいなって。

 

■マイクを持ち出してから影響を受けたアーティストの方はいますか?

APOLLO君、NATURAL WEPONさん、THUNDER君など影響受けました。

中でもAPOLLO君には凄く影響を受けていてその気持ちのまま大阪にいった時に

同じ境遇のDeejayが何人も居て、このままだとただ埋もれるだけだなって気づいて、

”自分の強みとは?”ってずっと考えていました。

同時に全部じゃないんですけど当時のレゲエシーンのRiddim任せというか、勢い任せなStyleに違和感を感じていて、

そのまま三年半大阪に住んでいたんですけど、そこでHip Hopの”森羅さん”てMCの方に出会い、

リリックや韻などヒントを受けました。

 

 

■培った経験が今のYAMATO HAZEを作っていったんだね、

”沖縄”って特に今Hip Hopシーンの勢いが凄いし、特有のブランドも感じます。

YAMATO目線で現在の沖縄の音楽シーンはどんな感じ?

凄く感じるのはここ数年でそれぞれが”Styleは一個じゃない”っていうことに気づいてきたのかなと、

上下関係というかみんな横の繋がりで友達です。”そっちはそっち”って違いを認め合えています。

今レゲエの方が少し元気がないけど逆に今色々試せる頃というか、チャンプルのように混ぜて遊べるというか。

Sean PaulやShaggy、Damianとかって何に乗っても”その人”じゃないですか、

どんな音に乗っても自分は自分を”YAMATO HAZE”を表現したいですね。

 

■とてもいい話が聞けて嬉しいです。沖縄の団結力が今のシーンの活力に繋がっているんだね。

そうですね、団結力は凄いと思います。フリースタイルダンジョンで活躍したCHICO君(CHICO CARLITO)や

唾奇さんなど全国的に沖縄のシーンが広がった事で沖縄の人達が「やっぱり沖縄やばい」って再確認した事も

今のシーンの活性に繋がっていると思います。

 

■リリース後はツアーなど予定はありますか?また最後何かあればお願いします。

地方とかも回らせてもらったり、現時点で来年の6月くらいまではリリースの予定があります。

音楽だけではなく、飲食店や服屋とか生活する中で自然と繋がった人達との出会いを大事にしたいです。

やっぱり”人と人”というか最近間違ってなかったなって思って、

YAMATO HAZEの事を良いと言ってくれる人達のおかげで頑張れてます。

 


 

今作EP未収録音源も幾つかご紹介

 

 

 

CHILD ROOM LABORATORIESより企画された

[貫太郎/元気がねぇラガマフィン] シリーズでも1Verse蹴ってくれています。

 

 

僕と世代が近い事もあって影響を受けたり、感じる部分のリンクする箇所が多くて

interviewをしていて楽しかったです。

気になった方は是非EPをCheckしてみてくださいね。

 

 

LIEON SHARE Yahoo Shopではメール便対応していますので是非ご利用下さい

https://store.shopping.yahoo.co.jp/lieon-share/mixcdyamato.html

コメント